2014年7月の記事一覧

四番舁き山笠中洲流「猩々酒宴壽(しょうじょうしゅえんのことぶき)」です。

赤ら顔に赤い髪。

伝説の生き物「猩々」の特徴なんよ。

4nakasu.jpg

そして、能に「猩々」という演目があると。

中国・揚子江に住んでいる孝行息子の「高風」が夢の中で市場でお酒を売るようにとお告げを受けたと。

したら、どんなに酒ば呑んでも顔色の変わらん人がおって、不思議に思ってたとよ。

そん人は自分の事を「猩々」と名乗って、海ん中に住んどうとよって言うんよ。

高風は川辺で酒の準備して猩々ば待っとったら、猩々は喜んでね、高風に泉のように酒が湧き出る酒壺をあげたと。

中洲らしい題目やね。

ヲらも、そんな酒壺ほしいね。

商品はこちら

    ↓

三番舁き山笠東流「四神守天而人護郷土(ししんはてんをまもりてひとはきょうどをまもる)」です。

higasikakiyama2014.jpg

武将というか、人ではないっちゃんね。

舁き山の題目は、その流の総務と人形師が相談して造るとよ。

やから、珍しいっちゃあ、珍しいちゃんね。

四神って、方角を司る神様の事ね

東の青竜、北の玄武、南の朱雀、そして西の白虎。

東流だから、青竜が表に来ているのかもね。

二番舁き山笠大黒流「千年契(せんねんのちぎり)」です。

2kakiyama2014.jpg

博多の町をつくった豊臣秀吉がテーマになっとります。

戦火に見舞われた博多の町。

昔は様々な戦国武将の争奪戦の場所でもあったとよ。

箱崎の連歌会で「博多町 幾千代までや つるのらん(博多の町が幾千年(永遠に)さかえますように)」と博多の民の前で歌ったと。

何だか心に、じ~んと来るばいね。

をラも肖りたいね。

2014年博多祇園山笠シリーズが始まるとよ。

では

「一番山笠土居流 武昌太平楽(ぶしょうたいへいらく)」。

doinagare2014.jpg

え! なんかの武将!?

いえいえ。「武昌太平楽」とは、雅楽の曲名なんよ。

中国風に武装した豪華な出で立ちで舞うんだって。

ふーん。

さらに、めでたい曲なので天皇陛下の即位式に奏されてきたんだって。

へー、知らなかったよ。

山笠の人形は毎年変わるから、楽しみなんだよね。

あ! 見に行く時は台風が去ってからね。

数日前に山笠巡りばしたっちゃけど、いくつかの舁き山はまだ、お披露目じゃなかったと。

でも、折角、来たんやから写真ば撮ったと。

7ebisu-b.jpg

そろそろ、できとう頃やないかな。

ちょっくら、行ってみようかね。

二番山笠大黒流です。

*撮影時7月2日です。

daikoku2014.jpg

6~9日には、舁き山もできあがるそうです。

舁き山が動くのは10日からです。

ちなみに

10日夕方 流舁き

11日早朝 朝山

   夕方 他流舁き

12日午後3時59分 追い山ならし

13日午後3時30分 集団山見せ

14日夕方 流舁き

15日午前4時59分 追い山

というスケジュールになっとります。

博多山笠巡りに早速、挑戦!

やったんやけど・・・

土居流の舁き山が・・・

あれ?

土台だね・・・

1doi-b.jpg

飾り山全ては1日から公開されていますが、ほとんどの舁き山はただいま制作中なわけです。

あれれ、残念やね。

「6日にはお披露目できるっちゃないかな~9日は確実やね。」とある男衆の方に言われました。

まぁ、楽しみがそれだけ伸びたわけね。

山笠マップ

待ってました「博多祇園山笠」。

あ~やっと、夏が来たっちゃん!と思えるね~

さて

初めて山笠を見られる方にとっては

「場所、どこ?」って思うやろ。

したら、コレ。

fryer.jpg

飾り山、昇き山がある所に置いとーと。

今年はアレ? カラーになっとぅやん!

力ば入れとーね。

で、このチラシみたいやけど、山笠の表題や地図が載っとーけん。

これは便利バイね^^

山笠前 新天町

いよいよ山笠が始まるね。

shintencyo.jpg

山笠前の新天町なんよ。

さてはて、今年のルートは???


早く、山笠巡りばしたかね^^

このページの上部へ